形成外科、美容外科の違いを知っていますか?

形成外科、美容外科の違いを知っていますか?

アンチエイジングも最終手段は、美容整形にたよることになりますが・・・・

そもそも美容整形というものの定義はなんでしょうか?

一重まぶたや脂肪吸引などの施術のことを、昔から「美容整形」という言葉が使われていますね。

実は「美容整形」という言葉を良く使いますが、正式には「美容外科」というべきなのかもしれません。

それでは、「形成外科」、「整形外科」と「美容外科」の違いは何なのでしょうか?

「整形」という言葉がついているため、「整形外科」で「美容整形」に関する施術を行っていると誤解している人もいるのですが、「整形外科」の扱う分野は「骨」「関節」などで、骨折や関節炎の治療などを診療中味としているので、「美容外科」とは全く違う診療科です。

ただ、病気にともになう美容的な悩みもあるでしょうから、病気治療とあわせて外見的な整形もともなえば、美容整形もしているともとれなくもないですし、外見的な整形が主目的であれば、「形成外科」とよばれる診療科になります。

そこで、形成外科

そもそも「美容外科」は「形成外科」から分離してできたもので、「形成外科」は、主に身体の表面に異常が生じたときに治療するもので、外傷、できものなどのできた部分を正常な状態にするのが形成外科の役割となっています。

「美容外科」は、主に身体の表面の姿・形を、「美的な見地」から、より美しい(患者の希望する)状態にすることが目的です。

通常美容外科で扱う診療中味は病気の治療ではないので、基本的には美容整形の施術に医療保険は適用されず、全額自己負担の自由診療(保険外診療)となりますが・・・。

多汗症によるワキガや先天性の母斑、血管腫など、形成外科で治療するものでも、美容整形クリニックでもやっているものもありますので、一概に美容整形では保険が利かないわけではありません。

その意味で形成外科のなかに、美容整形も含まれているととらえてもいいかもしれません。

形成外科のなかで、病気とは関係なく、美的ないみだけで整形することを美容整形といって、それを専門にゃっているクリニックがあるという捉え方をしてもいいかもしれません。

page top