紫外線には種類がある

紫外線には種類がある

紫外線と言った場合、波長のながさにより、3種類あることはよく知られています。

すなわち、UVA,UVB,UVCです。

そのうち、私たちの肌に到達するのは、UVAとUVBです。UVCは、雲のはるか上、一番太陽に近いオゾン層あたりまでで、波長は3種類の中でもっとも短い紫外線です。

UVB,UVAと徐々に波長は長く伸びてきます。

野外で通常最も多く浴びる紫外線がUVBで、カーッと暑さを感じて肌が小麦色にやけるのは、このUVBの働きによるといわれていますが、しかしながら、最も警戒しなければならないのは、UVAです。

UVAは、雲をつきぬけ、ガラス窓越に室内、車内へと侵入し、私たちの肌の細胞の深部まで到達します。

そして、じっくり時間をかけながら、しみやくすみ、乾燥など、お肌のトラブルの始まりとなるのです。そう考えると、室内にいるから大丈夫とは言い切れなくなりましたね。

紫外線対策は、場所を選ばず、年中、常に心がけるべきことなのだと認識しましょう。

さらに考えるべきことはまだまだあります。紫外線対策となると、お肌のダメージばかりクローズアップされることが多いため、ヘアケアのほうは、ついおろそかになりがちです。

しかし、実は紫外線対策が必要なのは、ヘアーも同じなのです

しかもシャンプーの間違った使い方をすると、将来とんでもないことを引きこしてしまう危険もあるのです。

正しいシャンプーの使い方をマスターしただけで、10年後も豊富な髪量で、つやつやのヘア美人を維持できるのです。

連日紫外線を浴び続けることによって、髪の潤い成分であるキューティクルは完全に破壊されます。

結果、髪は、ぱさぱさに乾燥し、枝毛や切れ毛などのダメージが目立つようになります。それどころか、頭皮も日焼けすることによって、ツヤ、弾力性、ハリを失い、抜け毛や切れ毛をなおいっそう促進させることになります。

これを防ぐのには、ちょっとでも野外へ出るという場合は、帽子をかぶることを習慣にするとともに、ヘアスプレーやワックスを乱用しない、十分に髪に栄養補給や水分がいきわたるような食生活を心がけるといった、努力が必要になります。

特に急激なダイエットによる、飢餓状態に陥ると、必要な栄養が髪にまで行き渡らなくなるので、結果的にキューティクルへのダメージは増大します。

そして、キューティクルのダメージは、使うシャンプーの種類にも関係してきます。

一般的に市場に多く出回っているシャンプーは油系です。これで洗髪するということは、紫外線対策とは反対のことをしていることになります。

よくコマーシャルで宣伝しているようなつやのあるさらさら髪どころか、髪は完全に日焼け状態となって紫外線によるダメージはさらに加速するのです。

そうならないためにも、シャンプーはぜひアミノ酸系の物を使いましょう。

page top